ハメドル白濁堕ち~生中出しで、お仕事を貰っていいですか?~

「それで……どうする? 引退か、続行か?」

私‘杏奈’人生の岐路に立たされていました。
アイドルを続けるか、それとも引退するか――。

引退を示唆されて、あらためて自分自身の気持ちが明確になったのです。
まだ諦めたくない。
まだ仕事を続けたい。
それが私の気持ちです。

「お仕事、続けさせてくださいっ! これまで以上にがんばりますからっ!」

マネージャーさんは『その言葉を待っていた』と言わんばかりに笑みを浮かべました。

「杏奈ちゃんがその気なら、売り出す手がないことはないんだけど……」

それから――数日後……。
その日は、事務所で水着に着替えさせられました。
水着のままワンボックスカーへ乗せられます。

撮影にでも行くのかと思ったら――。

「ちょっと待っていて。すぐにお客さま方が集まるから」

どことも知れない場所に立ったまま、私はまだ不安を抱いています。

「あ、あの……。何をするんですか……?」

「大切なお客さまなんだから、しっかりとおもてなしをするんだよ」

「で、でも……わたし……こんなこと……」

「『何でもやりますっ!』って言っただろ」

こうして、私の人生は狂い始めました――。

 

無料メール登録後にジャンルを『同人アニメ』と選択して
検索窓に『とある熟女の変態調教』と検索してください!

無料登録でサンプル動画見放題!

 

本編はコチラ

 

コメントは受け付けていません。